2014年6月  「プレトレーニング」のお知らせ

2014年6月、清里にて第2回プレトレーニングを行います。
トレーナーは、バイオダイナミックスのクローバー・サウルウェルさんです。


詳細は、こちらからお入りください。


Clover%20Southwell.jpg


投稿者 BIPS事務局 : 2014年05月02日 09:18 | トラックバック (0)

2014年2月 「プレトレーニング」のお知らせ

2014年には3回、プレトレーニングを行い、2015年2月より第3期セラピスト養成コースを開催する予定です。興味のある方は、ぜひプレトレーニングにご参加ください。


詳細は、こちらから。


投稿者 BIPS事務局 : 2014年01月24日 00:08 | トラックバック (0)

2013年9月 「BIPS公開ワークショップ」のお知らせ

9月27日(金)から29日(日)までの3日間
東京にて行う、BIPS 公開ワークショップの詳細が決まりました。


ご興味のある方は、こちらをご覧ください。


投稿者 BIPS事務局 : 2013年08月07日 19:18 | トラックバック (0)

2013年9月 BIPS公開ワークショップのお知らせ

9月27日から29日に、ブラジルからRubens Kignel氏を迎えて、東京でBIPSの公開ワークショップを行います。Rubensは20年以上も前から日本でボディサイコセラピーの普及に努めている国際トレーナーです。こちらはボディサイコセラピーに興味のある方にお勧めです。東京で開催する予定ですので通いのワークショップとなります。詳細が決まり次第、お知らせします。


投稿者 BIPS事務局 : 2013年07月17日 13:52 | トラックバック (0)

2013年6月 公開セミナーのお知らせ

MaurizioNO2SB.jpg


先日少しご紹介したイタリア・ボローニャ大学コミュニケーション科学部客員教授であり
デュッセルドルフの西ドイツ大学助教授であるモーリッツィオ博士の
「公開セミナー」の詳細をアップしましたので、お知らせします。


テーマは以下です。


「人間関係、自然との関係を豊かにするために大切なこと」を学ぶ
   〜母子関係の研究に基づく身体心理療法的アプローチ〜


日本人にも人気があり、世界でも評価されているトレーナーですから
自信を持ってお勧めできます。


モーリッツィオは優しく温かで知性あふれるトレーナーです。
「コンタクトはこうやってするものなんだな」ということを
感じさせてくれる質を持っています。


今回はトラウマには焦点を当てませんが
モーリッツィオは虐待を受けた人へのアプローチの本を書いているだけあって
トラウマの状態にある人への関わり方は見事です。
そのような深いレベルでのコンタクトはどのように可能になるか
ということを学ぶ良い機会となります。


詳細は、こちらから。


MaurizioNO1SB.jpg


投稿者 BIPS事務局 : 2013年05月18日 01:20 | トラックバック (0)

2013年6月 公開セミナーのお知らせ

6月28日からの3日間、山梨の清里にて、イタリア・ボローニャ大学コミュニケーション科学部客員教授であり、デュッセルドルフの西ドイツ大学助教授であるモーリッツィオ博士のセミナーを行います。


モーリッツィオは、身体心理療法の1つであるバイオシステミックス学派(母子関係、自律神経系と感情の関係、大脳生理学を重視した身体心理療法)の重鎮であり、家族やグループにおけるグループダイナミックスのワークを行っています。また、バイオシステミックス学派は、発達心理学者で有名なダニエル・スターン(「乳児の対人世界」の著者)が顧問を務めたこともあり、母子関係のビデオを使ったマイクロトラッキングの研究から得られた成果を、セラピーに活かしています。モーリッツィオは、2007年に肉体的虐待のトラウマへの身体心理療法のアプローチの本(イタリア語)を書き、世界的に評価されています。


まだセミナーのテーマは決めていませんが、母子関係の研究、大脳生理学、身体心理療法の研究に基づいた関係性における「絆・共鳴・同調」を、心理療法、カウンセリング、日常の生活のなかでどのように活かすか、ということにを焦点を当てようと思っています。


詳細が決まりましたら、告知します。YouTubeは、イタリアのたぶん、テレビ番組のものだと思いますが、モーリッツィオの雰囲気を感じて貰えたらと思います。優しくて温かい、知性と感受性溢れる人で、日本人にはかなり評判が高いトレーナーです。ちなみにセミナーではモーリッツィオは英語を話し、通訳が入りますので、ご安心ください。



投稿者 BIPS事務局 : 2013年05月02日 21:17 | トラックバック (0)

2013年2月 「公開ワークショップ」のお知らせ(2)

2月に来日するクローバーさんの動画がありますので
興味のある方は、ぜひご覧ください。


最初、BIPSのメインディレクターのRubens氏(左側)がポルトガル語で
挨拶をしていますが、その後、クローバーさんが英語で話をしています。
内容は「心理療法の臨床に関する対話」です。


ゆっくり話していますから分かりやすいと思います。
ちなみにPart 4まであります。



投稿者 BIPS事務局 : 2013年01月14日 16:42 | トラックバック (0)

2013年2月 「公開ワークショップ」のお知らせ

明けましておめでとうございます。
皆さまにとりまして、より良き1年となりますように。


新年に、このような素敵なワークショップの告知ができることを
嬉しく思います。


2月2日(土)〜3日(日)に、東京で
バイオダイナミックスの公開ワークショップを行います。


今回のトレーナーは、ロンドン・バイオダイナミックス
心理療法スクールの所長であるクローバー・サウスウェル女史です。
クローバーさんは、バイオダイナミックスの創始者である
ゲルダ・ボイスン女史とともにロンドンのセンター設立に当初より関わり
30年近くトレーナーとして活躍しています。
現在、クローバーさんは72歳ですので
このワークショップはとても貴重な機会となります。


クローバーさんは、私がディレクターの1人を務める
ヨーロッパ・ボディサイコセラピー協会認定校BIPSの
メインディレクターであるルーベンス・ギグネル氏の
バイオダイナミックスの先生でもあります。


バイオダイナミックスは、ボディサイコセラピーの様々な学派のなかで
マッサージと繊細な感受性を用いる女性的な心理療法です。
また、心理腸蠕動を扱うために聴診器も用います。
興味のある方は、BIPSのサイト内「公開論文」に掲載している
クローバーさんの「身体のなかで心に出会う」をお読みください。


http://www.bodypsychotherapy.jp/articles_002.html


今回のワークショップのテーマは
「自分の身体のなかで、もっと自分に近づき、自分と仲良くなる」です。

公開ワークショップでは、身体のなかで緊張や痛みを感じ
身体を使う喜びを知り、身体を使ってもっとあなたのことを
表現する体験をしていきます。 


そのためにマッサージをしたりタッチをしていきますが
一番の基本は、あなた自身とのコンタクト、深い触れ合いです。
具体的には「どのように脚を使うか、脚はあなたに何をしてくれているのか」
というようなことを脚だけではなく、腕、背中、首などでも探っていきます。
 

時間があれば、グループのなかでの関わりのダイナミズムも
体験できるかもしれません。
自分がリーダーになったり2番目、3番目、4番目となってみて
それぞれでの動きを探ることを通しても自分を知ることができます。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


◎2月の公開ワークショップ詳細


 日 時:2013年2月2日(土)13時30分開始(受付開始13時)
          2月3日(日)16時30分終了
           ※通いのワークショップです。


 講  師:クローバー・サウスウェル
 通  訳:国永史子
 スタッフ:贄川治樹


 参加費:39,900円(38,000円+消費税)
 会 場:東京都中央区
 対 象:一般の方、専門家問わず、ご興味のある方
 定 員:24名


 申込方法:名前・住所・連絡先を明記の上、BIPS事務局までメール
      にてお申し込みください。
      BIPS事務局:office@bodypsychotherapy.jp


Clover%20Southwell.jpg


投稿者 BIPS事務局 : 2013年01月05日 07:40 | トラックバック (0)

2012年10月 「公開ワークショップ」「公開レクチャー」のお知らせ

10月下旬に、バイオダイナミックス学派の国際トレーナーによる
「公開レクチャー」と「公開ワークショップ」を行います。


10月26日(金)18時30分より2時間、「公開レクチャー」を行います。
テーマは以下となります。


「心身のネガティブなパターンを手放し、いのちが持つ可能性を回復させるには」


10月27日(土)28日(日)の二日間
バイオダイナミックスの「公開ワークショップ」を行います。
テーマは以下となります。


「バイオダイナミックスマッサージ・インテンション」


いのちが持つ可能性を回復するために、繊細なマッサージを用いていきます。
今回の国際トレーナーは、温かく、感性豊かな魅力的な人です。


自分自身の可能性を回復したい方はもちろんのこと
そのようなマッサージの習得に興味のある方も、ぜひご検討ください。


ご興味のある方は、タイトルをクリックして詳細を記載したフライヤーをご覧ください。


バイオダイナミックスにつきましては
公開情報のなかにいくつか論文を載せています。


何かご質問がございましたら、遠慮なくこちらまでメールをお送りください。


投稿者 BIPS事務局 : 2012年09月27日 09:07 | トラックバック (0)

2012年6月 「入門ワークショップ」のご案内

BIPS 入門ワークショップの申込期日を25日までに延長しました。


ご検討中の皆さま、ぜひともこの機会をご活用ください。


投稿者 BIPS事務局 : 2012年06月17日 10:35 | トラックバック (0)

2012年6月 「入門ワークショップ」のご案内

               「BIPS 入門ワークショップ」




           環境、生活、価値観の急激な変化の時期を

         自分らしく創造的に生きていくためのワークショップ


東日本大震災が起きてから1年と2ヶ月が経ちました。原発のことを含め、私たちは環境、生活、価値観の急激な変化を迫られています。そのようなストレス状況に適応するだけでも大変なことですが、同時に誰もが「自分が何をしたいのか、何をすればいいのか」という問いを突きつけられています。今回のワークショップでは、日常から離れ、自然のなかでこの問いを探っていきます。




このような問いを探るには、身体心理療法(ボディサイコセラピー)は有効です。なぜなら思考だけでは、思い込みや既存の価値観などの枠組みにとらわれてしまい、答えを見出すのが難しいからです。大幅なパラダイムシフトを求められる現在、身体の智恵に身を委ね、深い無意識からの声、ハートからの声に耳を傾けることが必要です。「本来の自分は、何を望んでいるのか」を感じ取り、この難しい状況を自分らしく創造的に生きていくために、今回の公開ワークショップを活用してください。




ルーベンス・キグネル博士は、30年前から毎年来日し、ワークショップやトレーニングを行っています。彼は、特に大震災以降、日本人の力になりたいという想いを抱いています。また、日本人のことを理解していますので、身体心理療法の知識や体験のない方でも、安心してご参加できます。


なお、今回の入門ワークショップは、BIPSのチーフ・ディレクターであるルーベンス氏がトレーナーを務めますので、ボディサイコセラピーに興味を持って体験してみたい方には、最適な機会となります。上記のテーマを、ボディサイコセラピーの基本的な手法を紹介しながら扱っていく予定です。


*   *   *   *   *   *   *   *   *   *




◎日  程:6月29日(金)14時開始(受付13時30分から)

      7月 1日(日)13時終了

      ※2泊3日の宿泊ワークショップです。




◎会  場:伊予ロッヂ(山梨県北杜市高根町清里3545)

      ※小海線清里駅より送迎バスにてお送りします。




◎料  金:68,000円(税込み)




◎トレーナー:ルーベンス・キグネル博士

 通   訳:国永史子(BIPSディレクター)

 ス タ ッ フ:贄川治樹(BIPSディレクター)




◎定  員:20名




◎最低開催人数:8名


◎対  象:一般の方、専門家問わず、ご興味のある方




◎問い合わせ、申込み先:BIPS事務局 贄川治樹

            E-mail:office@bodypsychotherapy.jp
      
      FAX  :050-3488-7614






◎申込期日:2012年6月15日


  

◎振込期日:2011年6月27日




◎振 込 先:三菱東京UFJ銀行 金沢支店 普通 0648385

      口座名義 バイオインテグラルサイコセラピー協会




◎キャンセルについて

 ・14日前   :  0%(参加費全額返金致します)

 ・13日〜4日前: 50%(キャンセル料は参加費の50%)

 ・3日以内   :100%(キャンセル料は参加費全額)

 (注)いずれの場合も、返金の際の振込手数料をご負担頂きます。


*   *   *   *   *   *   *   *   *   *


ルーベンス・キグネル博士略歴




ブラジル ポウリスタ大学大学院 心理療法における身体コース コーディネーター

1950年サンパウロ生まれ。FACULDADES大学社会学部卒業。心理療法家でありコミュニケーションと記号学の教授。ロンドン・ゲルタ・ボイスン・センターでバイオダイナミックス・トレーニング修了。ロンドン・バイオエナジェティックス分析研究所(アレクサンダー・ローエン主宰)でジョン・ピエラコスよりトレーニング修了。チューリッヒ・バイオシンセシス国際センターでデイビッド・ボアデラに師事。アメリカ・エサレン研究所でポール・ピエラコスよりゲシュタルトセラピー修了。ニューヨークにてアレクサンダー・ローエンより、バイオエナジェティックス特別上級者トレーニング修了。アルゼンチンにてサイコドラマのトレーニング修了。ブラジル精神分析協会にて精神分析のトレーニング修了。これまで、デイビッド・ボアデラ、ゲルタ・ボイスン、アレクサンダー・ローエンの出版物の翻訳、監修に携わる。フランス、イタリア、日本、メキシコ、ブラジルを含む南米諸国でボディサイコセラピーのトレーナーを務める。20年以上バイオシンセシス、バイオダイナミックスの国際トレーナーとして活躍。イタリア、ボローニア大学にてコミュニケーション学の博士号取得。2005年には、ブラジルで行われたボディサイコセラピー国際会議の議長を務める。


投稿者 BIPS事務局 : 2012年05月25日 12:56 | トラックバック (0)

2011月6月 「トラウマを克服する 〜地震・津波・放射能〜」のお知らせ

ボディサイコセラピーの一学派、バイオシステミックスの
創始者であるジェローム・リス博士(医学)と
彼の著書「悩みを聴く技術」「〈つながる〉技術」の翻訳をした
国永史子(BIPSディレクター)が、トラウマを抱える被災者のために
分かりやすい小冊子「トラウマを克服する 〜地震・津波・放射能〜」を作成しました。


今回の東日本大震災によって
PTSD(外傷後ストレス障害)を患っている方が多いと
ニュースでは言われています。


ジェローム・リス博士は、日本には二度、来日したこともあり
今回の大震災に心を痛め、国永とともに小冊子を作成しました。


ジェローム・リス博士が来日したのは10数年前なので
ジェローム・リス博士のことを知らない方がほとんどだと思いますが
BIPSのトレーニングやワークショップで評判の良いトレーナーである
モーリッツィオ・スチューピージア博士のボスであり
優秀な頭脳と温かな心を持つ方です。


是非とも、このPDF書類を、より多くの方にお知らせください。


投稿者 BIPS事務局 : 2011年06月09日 08:00 | トラックバック (0)

2011年7月 「公開ワークショップ」のお知らせ

2011年は、7月に公開ワークショップを行います。


詳しくはサイトをご覧ください。


トレーナーは、7月はBIPSのメイン・ディレクターのルーベンス・キグネル博士です。


ルーベンス博士は、今年9月にイギリスのケンブリッジで行われる
第13回EABP会議にて、発達心理学者のダニエル・スターン博士、
神経生理学者のスティーブン・ポージェス博士とともに講演します。


投稿者 BIPS事務局 : 2011年05月05日 08:29 | トラックバック (0)

2011年4月 「被災者へのケアに関する覚え書き」のお知らせ

東日本大震災で被災された皆さまへ


このたびの東日本大震災にて
亡くなられた大勢の方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに
被災されて、ストレス化での生活を余儀なくされているご家族の皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。


今回、いろいろなことを考えさせられましたが
まずは、今の自分にできることをしようと思い
被災者へのケアに関する覚え書き」を作成いたしました。


PDF書類でアップしましたので
内容に関して信頼できると判断して頂いた場合に限り
お知り合いに、被災地に向かうボランティアの方など
被災者のケアをされる方がいらっしゃいましたら
被災者へのケアに関する覚え書き」のサイトアドレスをお知らせ頂くか
このPDF書類をダウンロードして頂いて
メールに添付してお送り頂けると嬉しいです。


なお、この覚え書きは
ボディサイコセラピーの内容にかなりのページを割いていますが
私、贄川が個人的に記述したものであり
ボディワークやドラミングについても説明が及んでいます。


BIPSとしては、近い将来、同じく被災者のケアに関しまして
バイオシステミックスの創始者のジェローム・リス博士の協力のもと
ディープリスニングに関する専門家向けの小冊子を作成する予定です。


小冊子が出来上がりましたら、こちらでご案内を差し上げます。


よろしくお願いいたします。


投稿者 BIPS事務局 : 2011年04月13日 15:37 | トラックバック (0)

2010年12月 「講演会」「専門家向け短期セミナー」のお知らせ

101205NO1S.jpg


最近の神経生理学の研究において
トラウマは身体化されており
身体がトラウマ的な状況を覚えていることが判明しています。


そのためにトラウマからの回復には、言語のみのアプローチでは限界があり
身体を導入した心理療法(身体心理療法)が必要とされています。


「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」によって
辛い思いをされている多くの人を支援するためにも
トラウマを扱える優秀な身体心理療法家の
モーリッツィオ・スチューピージア博士を迎 えて
講演会と専門家向け短期セミナーを行うことにしました。


今回は、イリノイ大学医学部教授である
スティーヴン・ポージェス博士による最新の理論
「ポリヴェーガル理論」を含めたトラウマに対する
身体心理療法のアプローチ をご紹介いたします。


詳細は、こちらからお入りください。


投稿者 BIPS事務局 : 2010年12月09日 08:06 | トラックバック (0)

2010年11月 「プレトレーニング」のご案内

2010年11月に、来年から始める2期トレーニングのための
プレトレーニングを行います。


実質上、このプレトレーニングから2期が始まります。
その理由は、11月のプレトレーニングは、BIPSのメインディレクターである
ルーベンスがトレーナーを務めるからです。


ですから、2期への参加希望者は、必ずご参加ください。


11月のプレトレーニングでは、トレーニングの4年間の概要の説明
および質疑応答の時間も設けます。


日 時:2010年11月12日(金曜日)14時開始(受付開始13時)
            11月14日(日曜日)13時終了
     ※3日間の通いのプレトレーニングです。
      3日目の終了時間は夕方に変更する可能性があります。


テーマ:BIPSイントロダクション


プレトレーニング・スタッフ
     講  師:ルーベンス・キグネル
     通  訳:国永史子
     スタッフ:贄川治樹


対 象:セラピスト養成トレーニングに興味のある方はもちろんですが、
    自己を癒したいと思っている方もどうぞご参加ください。


定 員:30名


詳細は、下記のサイトをご覧ください。


http://www.bodypsychotherapy.jp/pretraining.html#pre


投稿者 BIPS事務局 : 2010年07月10日 13:52 | トラックバック (0)

公開ワークショップご希望の方へ

2010年6月と11月に
セラピスト養成トレーニングのためのプレトレーニングを行いますが
自己の癒しを目的とする参加や、とりあえずBIPSを体験してみたいと思っている方
の参加も受けつけますので、公開ワークショップご希望の方は
プレトレーニングにご参加ください。


詳しくは「プレトレーニング概要」からお入りください。


投稿者 BIPS事務局 : 2010年04月18日 17:19 | トラックバック (0)

第2期セラピスト養成トレーニングについて

セラピスト養成トレーニングに関心がある方へ


第2期セラピスト養成トレーニングを、今年6月より開催する予定でいましたが
諸事情を総合的に検討した結果、開催を2011年2月に延期することにいたしました。


つきましては、今後の予定をトレーニング概要プレトレーニングのページにアップしましたので
ご確認ください。


詳細が決まり次第、随時アップしていきます。


よろしくお願いいたします。


投稿者 BIPS事務局 : 2010年04月15日 16:36 | トラックバック (0)

第2期セラピスト養成トレーニング

セラピスト養成トレーニングへの参加をご検討の方へ


第2期トレーニングのお申し込み期日は
2010年3月31日となります。


お申し込みをご検討の方で、申し込もうと思っている方は
期日までに、BIPS事務局までご連絡ください。


投稿者 BIPS事務局 : 2010年03月21日 20:51 | トラックバック (0)

最新情報ブログ開設について

このブログでは、BIPSが主催する公開ワークショップの情報などの最新情報を
このブログで、いち早く、お知らせしていきたいと思っています。


今後とも、よろしくお願いいたします。


投稿者 BIPS事務局 : 2010年03月21日 20:48 | トラックバック (0)

TOP PAGE